特長

MAYA
MayaはAutodesk社が提供する3DCGソフトウェアで、ゲーム制作やCGプロダクション、建築分野等で幅広く活用されています。
主な機能として、ポリゴンおよび NURBSモデリング、UVマッピングとテクスチャリング、アニメーションとリギング、
ダイナミック シミュレーションツール、植物など自然のディテールを生成するツール、高度な合成機能、
Arnoldを含むレンダラが組み込まれています。
アニメーション
非破壊的なクリップベースのノンリニア編集可能なタイムエディタ、シーンアニメーションのグラフィックス表現を使用して、アニメーションカーブを作成、表示、変更できるグラフエディタ、強力なデフォメーションエフェクトなど、強力なアニメーション機能を装備しています。
アニメーション
レンダリング
統合されたArnoldレンダラにより、ライティング、マテリアル、カメラなどのシーン変更をリアルタイムで表示できます。また、標準サーフェスシェーダでは、車の塗装、すりガラス、プラスチックなどのモデル マテリアル、ビューポートでのプレビュー レンダリングなどの機能を提供します。
レンダリング
モデリング
頂点、エッジ、面に基づくジオメトリを使用して 3D モデルを作成するポリゴンモデリング、ジオメトリプリミティブと描画されたカーブから 3D モデルを構築するNURBSモデリングが可能。UV 編集とツールキットでは、2D ビューで、ポリゴン、NURBS、サブディビジョン サーフェスの UV テクスチャ座標を表示し、編集します。スカルプティングツールセットでは、モデルのスカルプトや形状の作成をより芸術的かつ直感的に行うことができます。
エフェクト
リジッド、ソフトボディ、クロス、パーティクルの非常にリアルなシミュレーションを作成できます。
シミュレーション
Bifrostのビジュアルプログラミング環境で、物理的に正確で非常に詳細なシミュレーションを作成できます。nCloth、ヘア、ファー、フォトリアルな液体エフェクト、nParticleといった、先進的なシミュレーションツールも搭載されています。
拡張性
Mayaは購入してそのまま使用できるソリューションですが、既存のワークフローに組み込んだり、新機能を追加したいと考える企業もあるでしょう。そうしたニーズに応えるために、Mayaはカスタマイズ可能な設計になっています。独自の組み込みスクリプトであるMEL(Maya Embedded Language)に加え、Pythonスクリプトや、広範囲で詳細なドキュメントの付属したC++ APIも使用できます。